ノゴマ

nogoma_01 nogoma_02 nogoma_03 nogoma_04 nogoma_05 nogoma_06 nogoma_07

 静かなお城。
もしかして・・・と淡い期待を持って飛騨の森へ、
しかし、その期待は京橋口をくぐって3分と立たないうちに裏切られる。
人は居ないし鳥のさえずりさえ聞こえない。

元山さんにお会いして、ちょっと立ち話。
何処にも、なんにも居ないようだ。
遂に、この季節がやってきたのかと少し憂鬱な気分になる。

配水池を回って淀川へでも行こうかと思って、取り敢えず、天守閣へ。

配水池では数人のカメラマンが構えている。
聞くとコサメビタキとのこと。
少し周りを探るが何も居ないので、ボーズ逃れにと。
”ん??”、サメじゃあないの。

今日の唯一のターゲットと思って撮っていると、
甘辛さんたちからノゴマの情報。
連絡を頂いていたようだが、携帯が公共モードになっていて繋がらなかったとか。

大将、毎度のことながら、お世話になりました。
ありがとうございました。

“ノゴマ” への4件の返信

  1. こんばんは~
    土曜日はサンちゃんが残念でした・・・。
    綺麗なノゴマですね!バックのボケも綺麗です。
    寂しくなりますが、そろそろお城の春の渡りも終盤ですね。

    • そうですねぇ。
      愛の森に落ち着いたので、もう2〜3日は居てくれると思っていたのですが、意外と早く去ってしまいましたね。
      渡りは終わりかと思うと、ノゴマが出たり、ウソなんかがまだいたり。
      今年はよくわからないですね。

  2. こんばんは~~
    今日は教えて頂いて感謝!!
    三脚が必要だと今日は思い知らされました。
    ノゴマこんなにすっきり綺麗に撮れて・・・
    私のはやぼったくて。口を開けたのがありましたがぶれぶれ丸判りで・・・
    サメビタキも三脚があればホバが撮れたと勝手に思っています。
    下のチョウゲンボウ あれだけピントが合うなんてびっくりです。

    • いえいえ、ノゴマもチョウゲンボウも、失敗の産物です。
      昨日は、ノゴマ800枚、サメビタキ600枚、そのうち半分以上が手振れ、ピンぼけ。
      そして、見られるのがたったこれだけ。
      チョウゲンボウなんか偶然の産物。
      飛びものは難しいです。
      hirokoさんのサンコウチョウの飛びなんか羨ましいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください