ルリビタキ

さくら広場下での攻防

こっちで捉えれば、あっちは見えず、あっちで見えれば、こっちは順番待ち
なかなか手強いお相手でした

”出待ち”の間は、お互いの写真や機材を優しく褒め合い、あるいは誉め殺し、傷口にはに丁寧に塩を擦り込むような”優しさ”で持って、楽しい時間を過ごしました(笑)

お城でお会いした皆さん、ありがとうございました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください