ノビタキ、百舌鳥、そしてノゴマは・・・・

8日、お城に待望のノビタキ

この日はちょっとだけ遅目でご出勤
神社裏を回っていると、多くのカメラマンさんたち
ザコイチさんが、ノビタキと教えてくれる
早速仲間に加えてもらう

コスノビならぬ”サクノビ”
飛ぶ前に、なんとか数枚シャターを押せた

そのあとは例によって、堤に上がったバカがいて飛んでったまま帰ってこず
なんで、いつも”自分だけ”って奴(おばはんだったけど)がいるんだろう

「情けは人のためならず」違った「エゴは自分の為ならず」
これも違うか。エゴは自分のためでは無いですよってなると違うよなあ
エゴは人に迷惑を掛けるだけではなくて、自分のためにもなりませんよって意味にするには???

3時前、市民の森でオオルリを追っていると、ノゴマ出現の報

早速、神社裏まで駆けつける
もう、既に何人かのカメラマンが列を作って待機中
仲間に加えてもらって、しばらく待つが一向に出てくる気配なし

「本当にいるの??」
柳原さんの写真を見せてもらう、「うん、間違いなく”ノゴマ”」って、上から目線 ??

でも、待てど、暮らせど、影も形も。。。
カメラマンさんたちも、一人さり二人去り・・・

みんな帰るんだったらってことで、堤を歩いて刺激して見ることに。
「いました」ってみんな(多分2〜3人?)が、確認するが・・・
堤から降りて待機するも動かず

もうちょっと刺激を。。

目の前に飛んできました
いいところに止まってくれました
ピントも合いました

が、シャッターを押したときには既にどっかへ飛んでって

結局、あれだけ大勢のカメラマンが居て、撮ったのは大将ただ一人

今日は見(ら)れただけでも良しとするか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください